支えていくつもりが支えられている。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

本日は【楽しく完走するために~神戸マラソン試走会】を行ってきました。

今日は21名の皆様にご参加いただきました!ありがとうございます!

後半コースの試走をするということで、折り返した後の明石海峡大橋をスタート。

 

もちろん動きづくりを行って。

とある手技で身体を緩めると「おー!!」というどよめき。それくらい変化が出ました。個人差があるのですが、今日の方は非常に大きく出ました。クリオネ体操では各自でケアと動かせ方をご体感いただきました。

 

スイッチを入れてからは、多少トレーニング的要素を取り入れながら走ってみて感覚の確認。

 

途中、それぞれの方とお話ししたり質問を受け付けたりして答えられる範囲で対応をしながら。少しでもきっかけになればと思います。終盤ちょっと痛めた方もいらっしゃいましたが、なんとか全員で目標地点までたどり着けました。

ストレッチを行って終了。やりきったことに加えて、ランで皆様の間にも良い空気が流れてきて、なんて良い表情!

ありがとうございます!

 

 

嬉しかったこと

こうやって皆様の笑顔の素になれることが生きがいです。やっててよかった。

 

それに加えて、今日はめっちゃ嬉しかったことが。

前回の前半コース試走にご参加いただいた方がいらっしゃいました。(参考記事:じっくりと。)その方が、別の練習会に参加したときに知り合った方に「相支走愛のイベント良いよ」とご紹介いただいたんですって!!

 

そして、それを受けてその方がご参加くださったのです!しかもその方自身もお知り合いの方を誘って。

たまらんじゃないですか!!

 

初参加の方はもちろん、何度も参加していただけることも非常に嬉しいです。

でもこうやって実際の声を拡げてくださるというのが本当にうれしかった。だって本当に「良い」と思ったものじゃないと人に勧められないと思うのです。少なくとも自分はそうです。

 

そう感じていただけていたこと、そして拡げていただいたこと、さらにそれを受けて行動に移してくださったこと。

輪の広がりが本当にありがたいと感じました。本当にありがとうございます!

 

支えていくつもりが、支えていただいている。感謝です。でもこれが「お互いに」支え合いという相支走愛の根本に置きたい部分なんです。それが嬉しかった。

冗談抜きで少し泣きそうです。

 

 

これからも「良かったよ」と感じ、そして胸を張って拡げていけるものを皆様に提供していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

 

 

それぞれの必要に合わせて

走っている最中は出来る限りいろんな方とお話しながら、それぞれの悩みや目標に向けて出来る限りお伝えしました。話すだけじゃ伝わらないこともありますが、何かのヒントになればと思います。

お話をする中で多かったのは、「ここに痛みが出る」など走った時などに出る不具合の話。痛みには急性のものと慢性的なものがあります。ランニングをやっている時に出るものは後者が多いのではないでしょうか。

 

すぐに対応できるものもあれば、そうではないものもたくさんあります。一回で諦めず、根気強く信じて行うことが一つの解決策だと思います。それでも無駄だと思ったらやめてしまえばいいのです。ただある程度はやってみないともったいない。もしかすると昨日本で見たものが、自分の身体のために書かれたようなものであることも可能性としてあるからです。

 

根本から見直してみたいという方は、一度パーソナルをご検討ください。現状も確認してからお互い納得をして方向性を決めます。

一方的に「コレしなさい!」なんて言いません。一緒に目標に進みましょう。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/