熱意から刺激。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

この間の日曜日に、仕事として走らせていただきました。ニューバランスさんの練習会サポートも3回目となるとさすがに流れも把握してきました。(参考記事:2回目の機会いただきました。)

 

この日は近い地域でもハーフマラソンの大会があったりしたことも影響しているとは思いますが、感覚的には前回の6~7割くらいの参加者だったかと思います。

 

今回は20km走るということで、本番に向けてだんだんとイメージをしやすい練習メニューになってきています。日々のトレーニングをこなしていく中で、どこまでなら何が出来て、どこから何が難しくなるのか課題を見つけるためにはとても大事な時間。1人ではなかなか長時間集中するのが難しい、あるいは時間そのものを取ることが難しい方にとってはこういう練習会をどう生かしていくかが重要になってくると考えます。

 

 

グループは参加者の希望やコーチのバランスを見て、6分/km、6分30秒/km、7分/kmと3つに分かれて走りました。

 

給水や実際に走る時のイメージなど、前回までよりも実践向けの質問が多かった印象。それだけ意識が高まってきている証拠ですね!

一緒に走らせてもらっていると、こちらもその気持ちを感じられて刺激になります…と言っても大会出場予定がないのですが(^_^;)

 

それと同時に身体の悩みなどを抱えてらっしゃる方も多く。どんなに詳しく話をお聞きしても診断や断言はできませんが、ケアや対処法など可能性として考えつく範囲ではお伝えさせてもらいました。何かひとつでもしっくりくるものが見つかればと思います。

 

 

今回も事故などなく、無事に終えられて一安心。

ここでコーチを担当される方は、一線級で競技をされていた方ばかりなので、気合のハーフパンツ(笑)

というわけではないのですが、自分なりの持ち味や得意なところを少しでも前に出して一人でも多くの「できた」に貢献できたらうれしく思います。

 

参加された方、お疲れさまでした!

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/