真夏の30km。

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)認定ランニングインストラクターの野見山健治です。

京都30Kのことをもう少し振り返ります。

dsc_4128.jpg

昨日、会場となった山城総合運動公園の日中最高気温は37度。
スタートは17時で多少気温は下がったとはいえ、34度のアナウンス。
日差しこそ収まってきていたので、体感温度は少し涼しく感じてはいたものの危険な気温。

私が今回ペースランナーで担当したグループはフルマラソン5時間を目標とする7分/kmペース。
運営から「アップダウンの多いコースなので、1周(2km)毎を14分くらいになるように調整してほしい」という方針をいただいていたので、それを念頭に入れつつ。

このグループは、それほど走りなれたランナーは多くないと思っていたので、特に給水や体調の変化には気を付けるように周囲の参加者には促していました。

 

17時から1分ごとに3つのグループに分けてのウェーブスタート。

会場は部分的に狭く、1周が2kmという短い距離なのでランナーが重なる部分がたくさんありました。

コースの特徴に加えて参加者の数も多かったのもあり、今回は今までに比べると誘導がかなり難しく、自分の周りにグループを形成するのもなかなか簡単には出来ませんでした。
この辺は私がもっと工夫できたのではないかと思います。

それでも見かけるランナーに声をかけ、色々なお話をすることは出来ました。
今回は同じグループのペースメーカーが4名いましたので、前のほうはお任せして私は少し遅れている後方のグループのフォローに回りました。

1周あたりのスピードは14分前後をキープしていましたが、アップダウンがあることやGPS的には多少長いように示されていたので、実際はもう少し負荷が高く感じました。

そういうこともあり、まだ中盤に差し掛かる前から一番長い坂では歩き始めてしまうランナーが多数。
励ますのと、無理をさせないという辺りの葛藤がかなりありました。そういう意味でも今回は少し難しく感じました。

dsc_4133.jpg

日が落ちるとだいぶ涼しくなってきます。

しかしその頃には、暑さと起伏の多さに体力を奪われ私の周りには同じブロックスタートのランナーがいない状態・・・
まさにサバイバルの様相。

甘く見ていたわけではありませんが、私自身もかなり疲労を感じ始めました。

 

とはいえ、これ以上下がるともはやペースランナーではなくなるので、集団の前にいるペーサーに追いつきフォローするように形を変えました。

前のほうも少数精鋭になっていました。

むしろペースランナーの方がランナーより多いくらい…

 

なんとか声をかけ、一人でも多く「参加してよかった」と思っていただけるように思いつくことはやりました。

途中、誘導スタッフから「具合の悪い参加者が出ている」という情報を聞き、本部にダッシュして救護スタッフを呼びに行くアクシデントもありましたが、幸い大事には至らなかったようです。
このような突発的な状況においても、もっと冷静な判断を出来るようにならなければと痛感しました。

その後逆走して、自分の持ち場に戻りラストまで走り切りました。

 

最後まで粘れた参加者は本当に少なかったですが、落ちてきたランナーを数名拾いつつなんとかゴールまで導けました。

dsc_4136.jpg

ゴールした時にはすでに月が出ていて、さらに涼しくなっていました。しかし走り終えたランナーにはそれを感じる余裕はなかったですね・・・

dsc_4134.jpg

途中、本部にダッシュしたりでコースアウトしたりしましたが、やはり周りの皆さんに聞いてもGPS表示でいうと距離が長かったようです。
GARMINの表示によると、1周14分を守り続けてましたが全体の平均ペースが6分37秒/kmとなっていました。一部ダッシュしたとしても、ここまで誤差は出ないと思うのでやはり、距離的にも多少長かったような気がします。

そんな過酷な大会ではありましたが、終わった後に「楽しく走れました、ありがとうございます」と言っていただけました。
このように感じていただけて、少しは役割を果たせたのかなと感じることが出来ました。

 

今回は私自身も「こうしておけばよかった」と過去2回以上に学ぶところが多い大会となりました。

 

今回参加された方へ。もしご覧になっていたら…

今回出来たことは自信を持ってください!

あのコース、気候で出来たことは、体調さえ同じであればどこに行っても発揮できます。

 

逆に出来なかったことがあった方へ。
落胆しないでください。あれほどしんどいコンディションで頑張れたんです。暑さが落ち着けばきっと大丈夫。
出来なかったことではなく、部分的にでも出来たことに注目してあげて、自分に自信を持ってください。

 

最後になりましたが、参加者の皆様、運営スタッフの皆様お疲れ様でした!
そしてありがとうございました。

今後に生かしていきたいと思います。

また10月にはペースランナーを務める予定ですので、詳細が決まりましたら、当ブログ内にて告知いたします。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/