横の繋がりが「ミチ」を拓く。

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)認定ランニングインストラクターの野見山健治です。

4年に一度のオリンピック、リオ大会が終わってしまいました。
始まってしまえばあっという間だったと感じます。

日本選手団は、数十年ぶりから史上初、お家芸復活、そして前人未到の連覇など毎日のように様々な種目で活躍を見せてくれました。
本当はひとつひとつ挙げたいのですが、長くなるので割愛します。

そんな2週間、寝不足になった方も多いのではないでしょうか(笑)

 

出るだけでも大変な五輪。

4年間という長い期間を準備しつづけ、高みを目指しつつコンディションのピークを合わせることがどれほど難しいか、我々には想像もつきません。

そんな難しさもありながら、かつては「参加することに意義がある」と言われていたオリンピックにおいても、世界と勝負できる選手・種目が増えたことは本当にすごいと思います。

選手の皆様、お疲れ様でした!

そしてありがとうございました!

 

さて。
そんな中でも、日本国内を喜ばせただけでなく世界を驚かせたのが陸上男子4×100mのリレー日本代表。

山縣、飯塚、桐生、ケンブリッジとつなぐリレーメンバー。

個人種目における記録だけで見ると、メダル争いどころか決勝に残ることが非常に難しいレベルなのが事実でした。
それでもふたを開けてみたら、世界のトップ選手をもうならせるバトンパスと日本特有のチームワークを存分に発揮し、4人の力を最大限に発揮しての銀メダル獲得となりました。

dsc_4118.jpg

個では勝負できなくても、相乗効果を生み出した結果、世界を驚かせる素晴らしい結果を出してくれたのです。

 

獲得の瞬間、私は自宅でテレビを見ていましたが、思わず一人飛び跳ねてしまいました(笑)

トップ選手を集めるだけでなく、その目的・目標を共有して同じ方向に突き進むことが大きな力を生み出すことの証明ではないでしょうか。

 

これは次元こそオリンピック選手とは違っても、私たちにも同じことが言えます。

トレーニングを続けられることは凄いことですし、力を伸ばすには不可欠です。

そこに「同じ目標・目的」を持つ仲間が加われば、その力を得るスピードが飛躍的に向上していきます。

これは私自身が経験していますし、周囲の人を見ても間違いないといえます。

 

同じ目線にいる横の仲間と繋がることで、「未知」の「道」を切り拓くきっかけになり得ます。

 

ランニングを続けていても、なかなか殻を破れない、記録が出せなくなってきた。
あるいは、続けること自体が難しい。

そんなあなたには、志を共にする仲間を手にすることで大きな変化をするきっかけになるかもしれません。

「相支走愛」として、定期的な練習会を予定しています。
ダイエットや走ること・集まることを楽しむことから、記録向上など目的を持った仲間を作りませんか。

今後はその仲間と一緒に大会に出場したり、リレーマラソンなどに参加したりと活動の幅を広げていきたいと考えております。

そのきっかけの一つとしての練習会。

 

レベルは問いません。
「あなたが楽しめる」、そんな練習会を開きたいと思っています。

関心がある方がいらっしゃれば、是非ともメッセージお待ちしております。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/