魂を込めて。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

今日はボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチで村田選手が現チャンピオンであるブラント選手に挑みました。タイトル獲得となれば2度目(参考記事:その笑顔から感じたこと)。

 

昨年10月にブラント選手に判定で敗れ王者の座を譲っていた村田選手の返り咲きを狙ったこの試合。

キレイで基本に忠実なボクシングスタイルの(ように見える)村田選手は一発はあるものの、「受け」に回ってしまう傾向がある印象でした。ところがこの試合は開始直後から積極的に前へ出る試合展開。
一度戦って勝手知ったる相手だということもあるかもしれません。でも出方が予想と違ったと本人が話す中で対応し、攻める姿勢を前面に押し出したのは何よりも気持ちの面が大きかったように感じます。

 

何度も「これでダメなら」というような主旨の発言をしている村田選手。その覚悟のようなものを垣間見た気がしました。
チャンスと見るや、今までに見たことのない壮絶なラッシュで攻める。

 

結果2ラウンドでTKO勝利を掴むことが出来ましたが、たった2ラウンドでも村田選手の顔には傷が。この階級でしかも王者相手だと本当に紙一重だったのを感じます。
そこを勝ちきったのはやはりメンタル。進退さえもかけるほどの覚悟が合ったのだろうと思います。

 

「まだ村田を見たい」。そう思わせてくれるには十分すぎる試合でした。おめでとうございます!
見てて震えました。

 

 

モンスターの異名をとる井上選手でさえその試合で「感動しすぎて、人のボクシングを見て初めてうるっと来た」とコメントをしていました。気持ちがこもった試合はそれだけ人に届くのです。

 

ラウンドガールでさえなんかうるっと来てましたね。

 

 

そんな魂のこもったパフォーマンス、自分がしたことがあるだろうか…

忘れないで

同日に行われたWBC世界ライトフライ級タイトルマッチでタコニン選手と戦ったチャンピオン拳四朗選手。

報道や中継での扱いは格段に小さいですが、実績は相当です。すでに世界戦で5回の防衛を果たし、この日は6度目の防衛に挑戦。

 

童顔からは想像もできない切れ味と強さを持っています。この日も4ラウンドでTKO勝ちをおさめ見事防衛に成功。この後は最多防衛記録でもある具志堅用高さんの13の更新を視野に入れているということ。

 

本人が「6回防衛した拳四朗です、覚えてください」という内容のコメントをしていたけれど、覚えるには十分すぎる内容の試合と結果を残しています。あとは周りの扱い方だけ。
大手のジムじゃないだけに扱いは格段に小さいです。その辺の裏事情とかは知りませんが、素人目線で見ている範囲で、とても公平とは思えません。

 

チャンピオンにはチャンピオンにふさわしい扱いを。

 

強くそう感じた試合でした。

今後の動向にも注目です。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/