繋ぎ、つながる。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

昨日書いた通り、第3回リレーマラソンHAT神戸 ENJOY RUNにてリレーマラソンを走ってきました!(参考記事:明日は繋ぎます。)

昨年と違って、快晴!空気もカラッとしてて気持ちの良い気候♪

受付前。ここから晴れる一方でした。

絶好のランニング日和。

 

参加賞はまさかの焼き菓子??

昨年はキャベツで度肝を抜かれましたが、今回もビックリ(笑)なかなかのセンス。神戸はお菓子有名だからこちらの方が自然かな。

 

実は1つポカをやってしまい、スタート前に一旦現地を離れてメンバーにはご迷惑をおかけしてしまいました。皆さんの機転のおかげでスムーズにスタートできて助かりました。ありがとうございます。

 

スイッチが入る瞬間

今回は相支走愛は2チームの編成でした。どちらも順位やタイムを狙うわけではなく、気持ちよく最後まで無事にタスキを繋ぐという目標の元にスタート。

競うわけではないとわかっていても、他のチームのスタートダッシュに驚きました。きっと最初だけだとわかっていても。

「マイペースで!」と周囲も自分自身も言っていたのに、襷パワーでしょうか。雰囲気のせいでしょうか。無意識に速くなります(笑)

 

1周1.4kmの30周回+αがコースなのですが、私の最初の1周は昨年より20秒近く速い。足場が濡れていないことを差し引いても、走れているなと。いや、雰囲気に走らされているなと(笑)
でも、一度流れに乗ってしまうとそのスピードが身体にしみこんでしまうから困ったものです(^_^;)

今回は良い方になりました。

 

リレーマラソンなので当然ながら順番待ちの時間が出来るんですが、メンバー皆リレーゾーンの近くに行って応援・サポートなどをしてくださいます。

色とりどりの相支走愛Tシャツ

後ろから見て、このシャツがたくさん並んでいるのが嬉しくて。思わず盗撮。にやにやしながら。完全に不審者やん(笑)

 

中盤を過ぎたあたりで初めて今の順位を知る。2チームのうちの1チームが部門で11位。10位まで2分40秒くらいの差。
これは行けるのでは?

 

ここでスイッチが入りました。私だけではなくメンバーも。明らかに走りが変わる。表情は笑顔ながら、より引き締まった方に。

私1人でひっくり返す!くらいの勢いと気持ちでガシガシ攻める。その成果もあって最後の1本が一番速かった。最終的には12秒差まで詰めましたが、わずかに届かず。でもこういう本気の走りも面白かった。ファンランもガチランも楽しめて二度おいしい思いが出来ました。

 

もう一方のチームも最後まで力強い足取りのまま、最後まで無事にゴール!体調やコンディションが十分でない方がいらしたので安心しました。最後は相支走愛チーム全員で…

集合写真!やったぜー!

 

中央で、しかも一番高いところで目立つ位置をとってしまう目立ちたがりの代表者。協調性…疑われますね(笑)

 

 

無事に終われて。そして存分に楽しめて。

それはこのメンバーだったから。気持ちよく走れて本当に感謝。ありがとうございます!

またこんな機会を作りたいと思います。その時はよろしくお願いいたします。

 

 

蛇足。

今年の1月にペースメーカーやランニングクリニックを担当させていただいた加古川30K(参考記事:運んで、動いて、走って)。その時に私が担当した4分15秒/km(=サブ3)ペースのグループで一緒に走っていたという参加者の方が声をかけてくださいました。

めっちゃ嬉しい。こうやって繋がりが出来ていくんだと。たとえそれがゆっくりでも。前進を感じられる瞬間でした。
もっと良いものを提供できるよう、力強く確実に突き進みます。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/