運んで、動いて、走って。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

30Kシリーズの兵庫・加古川30Kにおいて、ペースメーカーもろもろやってきました。

過去の大会ではペースメーカーで走るだけでしたが、今回は給水の設営などの(ちょっとだけ)お手伝いやスタッフの受付(をちょっととか)も。大会を作る側の準備というのを想像は出来ても自分の身体でやったのは初めてだったので、貴重な体験でした。

その後は、前で体操やらせていただいたり(これは責任者)しました。数名から直接「わかりやすい」とお声をいただきました。ありがたい!

「上手いですね!」普段からやってますから(笑)でもまだまだ伸びる子です!

 

 

 

困ったぞ、ペーサー

今日の業務の中で確実に一番エネルギーを注がないといけないのがペースメーカーでした。しかもフル3時間ペースなので、4分15秒/kmのサブスリーペースでの設定。大変じゃー。

 

スタート直後。先頭から走り出すなんて、初めての経験です。普段のレースでは準備がのんびりさんすぎて後方スタートを余儀なくされるので(笑)

(画像はいただきました)

 

一緒に担当してくださった丸山さんは、めっちゃ速い、そしてストイックな方。ご自身の大会に向けての調整段階にもかかわらず協力してくださいました。ありがとうございます!

2人で話しながら走り始めて、風向きや足場の走りやすさ、ペースの流れなどを考慮しながら微調整しながら走る。

ついてくるランナーももちろん本番でサブスリーを越える記録を狙うためについてくる。ヒリヒリした感じがたまらん!

 

 

そんな緊張感を感じながら、自分の走る感覚も悪くなく今日は安心だなと感じていた。ところが。

 

…?

 

運営サイドで1kmごとのコーンを置いてくださっていたのですが、どうにもGPSと合わない。自分のだけかと思いきや、参加者の皆様がほぼ同時に鳴る。

これはどうなんだ??

 

1km毎がズレていても、今回は5kmのコースを6周回。起点で合っていれば問題ないと割り切りつつも、気持ち速めに走るように。

 

5km。やっぱりGPSとは合わない。

すでに若干速めのペースのため、集団が少しばらけはじめていた。さらに呼吸が荒い方もちらほら。これはいかん。

 

走りながら考える。丸山さんは「体感でもうちょっと上げなくては」距離表示に間に合わないということで、じわっと上げる。
一方、私はそれでいくとGPS的には4分5~8秒くらいになってしまう。これではさらに集団が苦しくなると判断し、GPSでの4分15秒以内で行くことに決めました。自分の感覚でもこのペースで行けば大丈夫という確信があったので、それを信じました。

もしかすると大会側からするとこの判断は間違いだったのかもしれませんが、あれだけ全員が揃って「違う」と感じている場合は、満足感のためにもしっかりと走りきれる方に持って行こうと思いました。

 

じわじわ離れる同じ「フル3時間以内」のペーサー2人。集団を不安にさせないように、その意図を早めに伝えました。
そこからは後方グループのリズムもほぼ整い、比較的楽に集団走が出来ていたように見えました。時折話しながら、笑ってもらえるように声掛けをしながら。

 

序盤は風がほとんどなく向きも楽だったのですが、途中で風向きが変わり、「THE加古川」な風に。弱かったので助かりましたが、風向きが変わって戦略も変わる。

それにも皆さん自然と反応をしてくださり、まとまったまま最終周回へ。

 

「ラスト5km余裕がある方は攻めてもOKです。余裕のない方は粘りましょう!」

誰も前に出ないので、そのまま最後まで行くかと思いきや…

 

 

最後の折り返しを過ぎ残り2.5kmで、1人がスッとペースアップ。
それに反応し、残っていた7~8名が揃ってついていく。

 

あれれ?1人やん(笑)

しかも残り2kmでペーサーが集団から遅れたら、はたから見たら「あのペーサーバテてるやん!」って見えてしまう!!

でも、後ろから自分のビブスを追ってきている人もいるはず。ここは我慢してペース維持。この日一番の気持ちの強さが求められた場面です(笑)

 

単独走になりながらも、少し遅れた人やすれ違うランナーに声をかけながら無事ゴール。

一緒に戦ったランナーたちとの写真です(これも半ば強引にいただきました。ありがとうございます)。

この一体感。走り終えて、握手をしていく時間。最高です。皆さんの熱い思いに、走りに少しは力になれたでしょうか。
今日、今の自分にできることはやりきりました。皆様お疲れさまでした!

 

 

その後は、走り終えた方からの質問に応えたり、談笑したり。

さらには5時間ペーサーのビブスを借りて、再度コースへ!7周回目へ(笑)
楽しみすぎてしまった。

 

たくさんの輪

今回は相支走愛のイベントや練習会、パーソナルなどを受けてくださっている方もたくさん参加されていました。

そのうちのお1人です。シャツ着てくださってるー!!嬉しい!

 

ランナーズマイスターやランニングで繋がった方たち。

 

ジムの会員様。

 

他にもたくさんいらしていて、ちょっと歩けばどこかで繋がっている方がいて、声をかけてくださる。本当に嬉しいです。大きなことは出来ないかもしれないけれど、ひとつひとつをしっかりと。1人ひとりを大切に。

一歩ずつ進んでいきます。

 

 

蛇足

手元のガーミンくん。

31.05kmでしたけれども。

Ave.4分13秒なので想定の範囲内。やっぱり長かった??

 

また機会があれば、もっとやりたい。出来ることを増やしたい。その日まで自己研鑽です。

 

ボランティアスタッフ、運営スタッフ、ペーサー、そして参加者の皆様。お疲れさまでした。ありがとうございます!

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/