3月、ペーサーがなかったら。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

4月、新年度の開始です。新しい元号も決まりましたし、平成最後の1月、2019年度最初の月と言う意味でもピリッとしたスタートを切りたいところ。

その前に3月の振り返り。

走った日:9日

走った距離:118.6km

一本フル走っておいてこの距離って。(参考記事:淀川で機械化。)上旬はいったい何をしていたんでしょう??ガーミンさんを使わずに身体を動かしていた日もあるのですが、それにしても前半の空白具合が(笑)

今回の距離がそれなりになったのは、ほとんどなにわ淀川フルマラソンのペーサーがあったからと言えます。その準備のためにペースを身体に刻む目的でキロ5分にこだわった30km走を練習に組み込みました。そして本番。これだけで70km超え。もしこれがなかったら…(笑)

かといって、動いてないわけではなくレッスンや合宿でも一緒にトレーニングをしているので身体はまずまずの状態をキープしています。

走るばかりがマラソンへのトレーニングではないと考えています。動きの質を上げていくための取り組みが今シーズンどういう形に現れるか楽しみです。

周りの流れなどを見ている中で、気持ちにスイッチが入ってきました。秋~冬のシーズン本番では1本勝負でタイム狙いに行きたいと思っています。抽選と言う狭き門を通過出来ればですが…(^_^;)

中身にこだわって今月も頑張るぞっ。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/