淀川で機械化。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

今日はお知らせしていたように、なにわ淀川フルマラソンに行ってきました!(参考記事:恒例の軽量化。)

会場。

 

なんだろう、前髪の違和感…私だけでしょうか(笑)というか前髪ない疑惑。

 

任されていたのは1km5分で走るゴール予定3時間30分。

運営にはネットタイムで構わないと言われていましたが、このタイムを狙う人はグロスじゃないと気持ちが晴れないであろうと思いまして、担当者で話し合いグロスで狙うことに。
そのためには、スタートロスを考えつつ、負荷をかけすぎないように1kmあたり3秒程度速く走る設定が理想かなと。10km49分30~40秒を目標に。

 

完全にマシーンと化す決意。

 

意外と曲者

コースは1周約21kmを2周するような設定。河川敷なので、当然ながら川上・川下に向かう際に若干高低差はありますが、ほぼ無しといって良い。大阪30Kで何度も走っている場所なので概ねコースや景色の特徴は頭に入っていました。

気温も高すぎず、どちらかというと立ち止まっていると肌寒いくらい。さらに風も強くなく日差しもそれほどないという走りやすそうな気候。これはいい感じで行けるんじゃないかと思っていました。

 

ところが。
基本は舗装路なのですが、2か所芝生を横切る場所が(大阪30Kにはない)。さらにスタートゴール周辺は砂利道。ここで脚の使い方が変わってしまいますので、負担に感じる方もいたかと思います。
私は「感覚が変わって気分転換になりますよ!」とお伝えしておりましたが、なかなかいきなりその感覚を楽しめと言う方が無理がありますね…

 

コースは狭く、折り返す際に急旋回が求められますので、回り方次第では筋肉に負担がかかります。これもまた練習ですね。

 

そして風。風は向かう場所があれば、追う場所もあるはず。ですから、向かう時は私の後ろに隠れるように、そして追う時は気持ちよく走ってもらえるようにお話していたのですが。

 

向かい風
折り返しても
向かい風    ノミー

 

 

マラソンあるあるですねー。

思わず「なんでやねん!」と心の中でツッコみますが、風は変わりませぬ。こんなこともありますよ、と我慢強く走ります。

 

そんなこともあって、最後は集団がとても小さくなってしまいましたが、しっかりと走りきれる方もいらっしゃいました。一緒にゴールまでたどり着けると、私も嬉しい!
集団からちょっと遅れてゴールした方たちも可能な限り迎えておりましたが、「ありがとうございました!」と言ってくださる方がいてとても嬉しかったです。

 

私の方こそ、楽しく走れたのはチャレンジしようという皆様がいたからこそ。目標を達成したり、ゴールにたどり着いたあの安堵の表情や満足感溢れる笑顔が、私にとっての最高のご褒美です。

 

ありがとうございます!

 

 

そして結果は

ゴールしたタイムは…

グロスで3時間29分9秒(設定タイム3時間30分)。

誤差が51秒ですので、1kmあたり1秒程度。手元のガーミン君と実際の距離の誤差が若干あり焦りましたが、なんとか無理のない範囲でまとめられたかなと思います。

参加された方、お疲れさまでした。そしてありがとうございました!

 

また機会があれば、いろんな大会でも活動していきたいと思います。
「こんな大会で募集があるよ!」
「個人のペーサーとして一緒に走ってほしい!」

などなど、あればご連絡お待ちしております。

 

 

蛇足。
明日のなにわ淀川ハーフマラソンも、当日エントリーが出来るそうです(限りはあるようですが)。

猫ひろしさんも来るみたいですよー。良かったら行ってみてくださいね。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/