結果報告。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

12月の下旬に予告・開始をしたボディメイクチャレンジ。(参考記事:私から~あなたへ。)

ただ勝手に始めただけですが(笑)

 

今回取り組むにあたって、軸に置いたのは「誰にでもできる」こと。もちろんやる気があるという前提ではあります。
トレーニングというとジムにあるようなマシンなどを想像されるかもしれません。でもそういう環境に行きたくても、近くになかったり時間が合わなかったりと誰でも使える環境にあるわけではありません。そもそもそういう空間はちょっと…という方もいらっしゃいます。だからこそ、特別な道具を使ったりせずに自宅で出来ることを行いました。

かつトレーニングの時間は1回15分程度。若干前後はしましたが概ね週に3回ほど。これだったら出来そうな気がしませんか?

 

自体重を効果的に利用することで、負荷を与えていく。肥大化させるというよりは機能性をあげていく。

機能性は数字で計ることは出来ませんが、単なる1方向での動きではなく、同じ部位でも違った動かし方をすることで、いろんな場面で働きやすく導くことは出来ます。これがマシンとの決定的な違いでしょうか。

 

 

結果は…

結果は出たのかよ!というところですが。

 

体重などの数値はこちら。

12月22日。体重61.5㎏ 体脂肪率12.1% 筋肉率36.3%

 

1月31日。体重61.9kg 体脂肪率10.1% 筋肉率37.2%

 

体重+0.4kg、筋肉率+0.9%、体脂肪率-2.0%。

 

指導などをさせていただいているジムにある体組成計では。

体重+0.3kg、筋肉+1.1kg、体脂肪-1.5kg。

 

数字を見ると極端な肥大化をさせるでもなく、中身を変えることに成功したと言えます。

 

見た目は…

若干変わりました。

 

画像ではわからないかも(笑)

肩周りやお腹周りには変化を感じます。

 

変わりたいなら今

新年度を迎える前に、理想の身体への土台作りを始めてみませんか。

 

夏の直前になって「二の腕が…」とか「お腹周りが…」と焦ってもなかなか間に合いません。それでも自分の中では「取り組んだ」という記憶が残ります。

結果として、やったのに変わらないと思い込んでしまっている方は多いように感じます。あるいは期間はそれなりにやったのに、成果が出ないと感じている場合もあるかもしれません。そうなると次やってみようという意欲もわきにくいですよね。

 

焦らず適切なやり方で負荷をかけていけば、結果は出やすくなります。たとえばよく耳にするスクワットひとつ取っても、足首・膝・股関節などの角度の違いによって、働きかける部位は変わってきます。やりたい場所にピンポイント、かつ色んな動きで負荷をかけていければ刺激が入り、身体が変化をしようとしていきます。

 

私がやったように、1か月でも変われます。見た目を変えたいのか、中身を変えたいのか。無理なく身体を理想の方向へ導き、それを定着させる習慣を作るなら、今から始めることをオススメします。

 

適度な運動を日常にプラスすることで、身体を理想に近づけてみませんか。

 

 

そこで!

約3か月間、チャレンジしてみようという方向けに期間限定のチャレンジパックを提案いたします。

 

テーマは2点、シェイプアップとボディメイク。詳細に関しては明日以降に改めて。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/