コンディショニングで可能性を拡げる。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

あなたは使いたい身体の部位に対して、的確に動かす指令を出すことが出来ますか?子どもの頃、遊びで耳や鼻だけを動かそうとした経験があったりしませんか?

 

今、どれだけ細かい部位を動かせるでしょうか。

たとえば足の小指だけを動かすことは出来るでしょうか。足の指を全て開いてじゃんけんのパーのように開くことは出来ますか?子どもの時、自由自在だった場所を今でも動かせますか?

 

細かい部位の動きは最初から感覚で出来る人もいる一方で、「なぜ動くか理解も出来ない」という人もいると思います。中には大きな部位でさえ思い通りに動かせない場合もあるかもしれません。

でもよっぽど複雑なことでない限り、出来るはずです。出来る人がいるわけですから。

 

 

出来ないままじゃもったいない

では思い通りに動かせないのはなぜか。それは脳と身体が動かし方に対して同じ反応が出来ていないからです。

普段はやらない動きだとしても、「動かせない」のと「動かさない」のでは意味が違ってきます。動く状態を作れることで身体の可能性を拡げることが出来るのです。

 

最初は難しくても、「動け!」と思いながら時には手を使ったりしながら実際に動かす感覚を身体に覚えさせていくことで動かせるようになります。(無理矢理動かせと言っているわけではありません!)

身体にはスイッチのような場所があって、効果的に刺激を加えると身体の動き方が変わってくるということは誰にでも起こり得ます。

こちらは動きづくりとコンディショニングを行った後の動きの違いです。明らかに終了後(写真右)の動きが大きくなっています。このように可動域が変わってくると見た目の動きの大きさだけでなく、一つの動作に対する動きの効率が大きく変わってきます。

思い通りに身体を動かせるようになると、パフォーマンス向上にもつながります。

 

コンディショニングは身体のコリや張りを緩和しながら、本来動くべきポイントを動かせる状態に持って行くメニューです。45分を基本として行います。今身体の悩みがある、理想になかなか近づけないという方は、是非1度受けてみてください。劇的に変わる身体を味わえるはずです。

直接info@soushi-souai.comへご連絡いただければ、時間等調整いたします。あなたからの連絡をお待ちしております。

facebook
facebook

JRTA ACADEMY (日本ランニングトレーナー協会)
http://www.runningtrainer.jp/