まだ間に合う。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

私が出場予定の神戸マラソンまで3日となりました。同じように、今週末や来週末に大会を控えている方もいらっしゃると思います。ここまで来たら、トレーニングも「強化」ではなく「調整」の意味合いが強くなってきます。(参考記事:直前でやること。)

 

じゃあ「練習したからもう準備はいいや」となるかというと、そこが分かれ目になってきます。練習の成果を十分に発揮するためにはコンディションを整えることが大事になってきます。

以前にも近い内容を書きましたが、大会が多いシーズンですので改めて書きます。

 

 

力を発揮できる状態に

練習で良い内容をこなせている方はもちろんですが、イマイチだったという方も積み重ねはゼロではありません。その積み重ねたものを当日十分に発揮できるかどうかで、結果も変わってきますし、楽しめる度合いも大きく変わってきます。身体がしんどかったら、十分に楽しめませんよね。

 

ここで言う「コンディションを整えよう」というのは風邪をひかないように~とか、怪我をしないように~なんてことではなく、もう少し深い意味です。

身体が動く状態をどこまで整えられるかが非常に大事になってきます。

 

エネルギーはもちろんですが、今の状態をうまくつかうには水分が大事になってきます。

身体の水分は車の潤滑油のようなものです。どんなにきれいに整えても、メンテナンスをしていたとしても、潤滑油がうまく機能しなければ、各部品は空回りをしてしまい、思うような性能を発揮できなくなってしまいます。身体も同じように、筋肉を鍛え、心配能力を高めていても、水分が不足したことでそれらがかみ合わなくなってしまいます。

 

とはいっても、身体に蓄えられる水分には限界があります。当日や前日に大量に飲んでも、すべてを吸収することは難しいですし、今度はトイレトラブルに陥るかもしれません。ではどうするか。

 

 

水分補給を前もってしておくのです。オススメは7~10日前くらいから少しずつ増やすこと。今からでも来週以降なら間に合います。

水分が枯渇するとパフォーマンスは極端に落ちます。痙攣などのリスクも増えてしまいます。心拍数も上がりやすくなり、身体にかかる負担も大きくなります。結果的に同じ負荷のはずがとてもきつく感じてしまうということもあります。動きが悪くなるだけならまだしも、場合によっては命の危険さえ出てきます。

ですから、前もって水分を摂ることで細胞をよりよい満ち溢れた状態にしておくのです。このことにより、楽に動ける可能性も高まると同時に攣りなどのリスクも軽減できます。

 

 

補うことも必要

日常の水分補給を多めに、かつこまめに行うことが出来ればそれがベストです。(※カフェインを含むものは除きます。利尿作用が働くため。)しかし、状況次第で難しいという方もいらっしゃると思います。もし可能であれば、いつもの食事に「汁物」を加える、あるいは少し多めに飲むというだけでも違います。

少しの積み重ねを甘く見ないで、こまめに摂ってみてください。

 

 

食事だけで整えるのは難しいので、そういう時はサプリメントで「補う」ことも効果があります。私が使っているもので2種類をご紹介。

DNSのR.E.D.。消化が素早くできるホエイペプチドが配合されており、身体のダメージをおさえるだけでなく、電解質・ミネラルの補給、エネルギー補給も期待できます。(公式HPを参照)

私自身の経験で、この商品がエイドに使われていた大会で脱水症状(筋痙攣を含む)状態から回復をしたという経験があります。それ以来、ここぞという大会の前にはウォーターローディングの中に、R.E.D.も含めるようになりました。

 

 

BCAA(必須アミノ酸)などを効果的に摂取したいという場合にはこちら。Xtend。この商品も私も実際に使っています。大会の有無に限らず、日常使いなので頻度はこちらの方が高いです。

その前に必須アミノ酸とは何か。それは体内では生成できず、食物から摂取しなければならないもののことを言います。これらは身体の筋肉だけでなく、皮膚や内臓、爪などの素になるタンパク質の構成物質です。つまり、必須アミノ酸がなければ健康な身体は作れないということです。食物から摂取できれば一番良いですが、いいタイミングで適切な量と質を備えた食事をするのは難しい。

そういう時に「補う」意味でサプリメントを使用することは効果があると考えます(※あくまで補う。これを飲んでるから大丈夫はあり得ません)

BCAAは必須アミノ酸の中のバリン、ロイシン、イソロイシン。これらは特に筋肉などに直結する成分。摂取することによって、筋損傷を軽減し、疲労の回復にも効果があるとされています。また持久系の数値も改善されるというデータも出ています。(J.Nutr.Sci.Vitaminol p52,55,2009より)

Xtendはシトルリンも配合されており、血管を拡張し、栄養を届けやすくする効果も期待できます。

 

 

少しでも良い状態を作って、当日を楽しめる準備をしていきましょうね。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/