違った角度から30km。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

あなたは「30km走」をやったことがありますか?

フルマラソンに挑戦する場合にキーポイントと言われることのある30km走。フルで失速しないために、とか言われていますが30km走れたからフルでは失速しないということはありませんし、走ることの必要性は人によって異なってきます。
「絶対にやらないとフルは無理」なんてことはないので、そこは勘違いがないようにしましょう。

 

とはいえ、適切な時期に目的を持って行えば大きな収穫となって自分に跳ね返ってきてくれることは事実です。

数年前からアールビーズさんが30Kシリーズということで各地で30km走の大会(というよりは練習会に近いかも)を開催しております。

 

その中の1つ、1月19日(土)に開催される兵庫・加古川30Kにおきまして、ちょっと役割をいただきましたので、大会のお知らせと共に。

今回は今までのペースメーカーに加え、全体の準備運動やレースアドバイス等を担当させていただくことになりました!

 

 

30Kって?

改めて30Kシリーズは、RUNNETを運営しているアールビーズさんが主催している大会。その名の通り30kmを走ります。「フルマラソンに向けた脚づくり」をテーマに各地に広がりを見せており、北は旭川、南は沖縄まで全国各地で行われています。

(参考記事:ペーサー任務、無事完了。)

 

大会の特徴としては…

・レース前から利用できるフードサービスがあること
・主に周回コースを用いて走りやすいコースで行われること
・ペースメーカーが設定されること(開催される場所によりタイム設定の間隔、人数などは異なります)
・ウェーブスタートで細かくグループ分けをしてあるので混雑がしにくい

 

などが挙げられます。会場によっては多少狭くなる大会もありますが、そこはこの大会に限らず同じですのである程度仕方のないことかと思います。そういった混雑を緩和するためのウェーブスタートなど工夫はされているので、大きなストレスを感じることは少なくなっています。

 

加古川30Kは加古川マラソンのコースでもある「加古川みなもロード」を使用します。ここは全体的にフラットなコース。正直、若干風の影響は受けやすい場所ではありますが、狙っている大会が無風でほぼあることはありませんので、風対策を身体で学ぶ良い機会にもなると思います。

またフルマラソンのゴールタイム3時間目標~5時間目標(予定)の各ブロックにペースメーカーがつきますので、目標ペースに対してのチャレンジの場として持ってこいです。

 

 

私自身は、30Kシリーズで(たぶん)8回目のペースメーカーとなります。今までの経験をもとに、しっかりと皆様を目標に導けたらと思います。
壇上で行う体操などもお楽しみに。

 

2~3月のシーズンの締めくくりに目標を設定している方は、是非参加をご検討いただければと思います。「野見山に会いたい!」という方も募集(笑)

申込期限は迫っておりまして、12月3日(月)です。「あとでやろう」はだいたい忘れます…私だけ??
今やりましょう!

 

 

 

果たして私がどのペースを担当するのか??

当日までのお楽しみに!

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/