変化の予感。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛の野見山健治です。

 

ドラマでも話題になった陸王の中で、伝説のシューフィッターのモデルとされている三村仁司さん。

彼はトップアスリートへのシューズ作製だけでなく、adidasでadizero匠シリーズなども手掛けていました。

 

昨年春でadidasとの専属契約を解消していましたが、2018年1月からはニューバランスとの専属アドバイザー契約の締結となったそうです。(しかも最大8年!)

その業界の常識は知りませんが、年齢を考えると期待値の大きさがうかがえる長期契約と言えるのではないでしょうか。

 

「(ニューバランスに)選手を強くしたいという思いに理解をもらい、方向性が一致した。やりたいことがやれる場所だった」ースポニチより。

 

もしかすると彼を慕う選手たちがついていくようなことも??

ニューバランスはHANZOなど今までとは違った色のシューズをリリースしてきていますし、その変化がもっと加速するかもしれません。

少なくとも今のシューズ人気の流れが変わる可能性は大いに秘めています。

 

私自身、レースに出る時はadidasのシューズでした。今後はもしかしたら変わっていくかも??

 

 

 

同記事の中ではNikeの厚底のシューズとは自身の考えが少し違うかのような発言も見られました。

※画像はイメージです。本文とは関係ありません。

 

 

果たしてこの先どのようなシューズが世に送り出されるのかが楽しみです。

 

 

靴は大事

私たちも現代の生活においては靴は不可欠です。

その影響力は思っている以上に大きいものです。

特に運動をするときのシューズは適当に選んでしまうと思わぬ故障に繋がったり、本来の力を発揮できない恐れもあります。

 

シューズやサイズの選び方にもポイントがあります。その辺りをしっかりとおさえて合ったものを選べるようにしていきたいですね。

もし関心があれば、お伝えすることが出来ますのでご連絡いただければと思います。

facebook
facebook

JRTA ACADEMY (日本ランニングトレーナー協会)
http://www.runningtrainer.jp/