変化出ました。

「理想の姿」に向かって共に歩むスポーツフードアドバイザー、相支走愛の野見山健治です。

 

 

ランニングを行う目的の一つとして、体重のコントロールを挙げる方も少なくないでしょう。

減量だけを考えたら、水分や食事の量を「○○カット」のようにすれば比較的簡単に変化は出ると思います。

 

しかし、そのやり方だと継続するのは難しいですし、何より中断したときの跳ね返り(リバウンド)が怖いです。

 

もちろん食べ過ぎは良くないですが、バランスよく食事を摂りつつ、適度な運動をして変化が出ていくのが、負担を小さくして身体にも良いのではないかと考えます。

 

 

 

実際にやってみました

百聞は一見にしかず、と言いますか。

まずは自分の身体で、どのように変化が出るのかということを試してみました。

 

約3か月、無理のない範囲で続けました。

筋肉率37.7%。(90日前から+1.5%)

体脂肪率8.8%。(90日前から-3.8%)

 

そして、体重は…

59.8kg(90日前から-0.5kg)

 

筋肉が増え、体脂肪が落ちて、体重が落ちる。

最新の体脂肪計ではありませんが、誤差ではなく「変化」と言える数字だと判断します。

 

 

私は毎日3食は必ず食べますし、週に2~3日は軽く(時にはしっかりと)お酒も飲みます。

外食をすることもありますし、スイーツも食べたりします。それでもポイントを押さえていれば意図した変化は出るということが証明できました。

 

 

食事を絡めたパーソナルメニューを組むことも可能ですので、もし体重コントロールなどでお悩みのことがあれば、是非info@soushi-souai.comまでご連絡ください。

 

 

 

おまけ

現在考案中の企画、それは大会連動型です。

 

とある大会を共通の目的にして、一緒に取り組む形で進めていきたいと考えております。

詳細が決まり次第、改めてブログで扱いたいと思いますので、しばしお待ちください。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/