今年の勝負の舞台は。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛の野見山健治です。

 

あなたは目標としている大会や記録はありますか?

目標は漠然としているよりも、明確な方がモチベーションも上がりますし、取り組みにも具体性が出てきます。

 

たとえば「○○分を切りたい」よりも「△△大会で○○を切る」と定めた方が効果的だと私は考えます。

試しに小さくても良いので、何か目標を定めてみましょう。

 

 

 

今シーズンの勝負の舞台は?

さて、私の今シーズンの勝負レースが決定いたしました。

第29回加古川マラソンです。

 

この大会は、日付固定で毎年12月23日に行われます。

河川敷なので比較的フラットなコースでもありますが、その一方で風が大きく影響することが多い大会と言われています。

都市型マラソンのような華やかさも少ないので、純粋に走ることに集中したいランナーには良いのかもしれません。実際に人気大会なのですでに定員に達してしまっています。

 

昨年末の大会は、クライアントも出場されていたので応援に向かっておりました。参考記事:強風の加古川

あの風は強烈だった。。。

 

 

私自身は上り坂は得意ですが、向かい風はあまり得意とは言えません。

それでも市民ランナーの中では向かい風でもタイムの落ち幅が小さい部類だと自負しております。

 

この大会で大きな一歩を踏み出し、さらなる高みを目指せるようにしっかりと狙って行きたいと思います。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/