力を合わせて壁を突き破る。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛の野見山健治です。

 

昨日の記事でこの8月から11月にかけてのフルマラソン対策の練習会のお知らせをしました。参考記事:フル、サブ4チャレンジャー募集

 

 

そのさらに上の目標として存在するのが、私の周りでも多くのランナーが跳ね返されたサブ3.5(3時間30分切り)の壁。

冬場の大きな大会、「別府大分毎日マラソン」では出場するために必要な条件がこの3時間30分以内でゴールすること。

 

ちなみにフルマラソン完走者の中で、このタイムをクリアしているのは男女合わせて約15%ほどと言われています。

そう考えると簡単にはクリアできない数字であることが想像できるかと思います。

 

 

 

力を合わせて壁を突き破ろう

個人的な感覚ですが、4時間切りに関しては走ることを習慣にして効率よく走れれば、ほとんどの方にチャンスがあると考えています。

 

一方3時間半を切ろうとすると、体力だけでなくそれなりのスピードも求められるので陸上未経験者が簡単に達成できるものではありません。(もちろん中には一発でクリアできる方もいらっしゃいます)

 

 

あくまでも私の周りのランナーの意見ですが、1人でも取り組みやすいトレーニングは、一定のスピードで走るペース走だったりロングジョグ(LSD)。

逆に1人だと取り組みたくないトレーニングは、スピード系のインターバルなどを挙げる方が多いです。

 

 

そこでロング走を軸にしつつ、なかなか一人では取り組みにくいスピード系の練習を要所に取り入れたサブ3.5を目指す方向けの練習会(全10回)を起ち上げます!

【通期生】フル「サブ3.5」への道~一緒に目指す全10回~presented by相支走愛 – ランナーが「壁」と感じるものの1つ「サブ3.5」。出来そうでできないキロ5のフルの旅。今年の秋~冬シーズンに行われるフルマラソンで、その壁を越えたい!という3時間半切りを目指す方のための練習会です。https://moshicom.com/9811/

 

同じ目標の仲間、そしてライバル(になり得る)ランナーと切磋琢磨することは目標達成へのきっかけとなります。

是非一緒に汗を流しましょう!

 

 

ご質問等はinfo@soushi-souai.comまでご連絡ください。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/