クリアのあとも燃える気持ちを。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛の野見山健治です。

 

 

セッションを行ってきました。

今回は大きな目標を達成されたという嬉しい報告もいただけました。おめでとうございます!

 

私が関わらせていただける期間や回数こそクライアントによって違ってきますが、その機会が多かれ少なかれ成果に繋がったという報告は嬉しいかぎりです。

 

 

しかしこのタイミングこそ気をつけたいところです。

せっかく何かを目指して取り組んできたのに、それを達成してしまうことで満足感を味わいすぎてしまい、習慣を失ってしまう可能性があるからです。

ここまで培ってきたものをあっさりと失うのは非常にもったいないことです。

作ってくるのは難しくて時間がかかっても、その反対は思った以上に短時間で失うことは良くあることです。

 

 

逆に手応えを得すぎて、負荷を急激に上げてしまうと故障のリスクなども増えてしまいます。

 

燃え尽き症候群にならず、かつ上を見過ぎないように。適切な負荷を設定しながら、それでいて飽きのこない内容を提案するというのが、トレーナーとしての大きな責任だと感じています。

 

しっかりと充実感を味わいつつ、次の目標へ向かえるように。

「今の目標が最後」という方でない限り、燃える気持ちを保てるように促していきたいと改めて感じました。

 

 

 

 

おまけ。

今回は久しぶりに丸五さんの足袋シューズ「hitoe」を着用。

自分の身体の状態やクセを感じられると思っています。今は課題が多い状態だなと痛感。

ここから3か月、しっかりと上げていきます!

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/