ペーサーを務めます。

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)認定ランニングインストラクターの野見山健治です。

 

このブログを読んでいただいているランナーの中には、2月以降に今シーズン最後のフルマラソンを控えているという方も少なくないと思います。

そんなフルマラソン前の準備として「効果測定」のようなものとされているのが、30km走。

 

30km走に関してはその効果も含めて賛否がありますが、少なくとも長時間身体を動かすことに対する経験値を積む意味では大きな効果があると考えています。

特にまだ経験の浅いランナーにとっては、30km以上というのは未知の距離や走行時間になることもあると思いますので、その疲労感を身体をもって体験できるという意味は十分にあります。

 

そんな30kmの大会も増えてきていますが、今週末には兵庫県の加古川で兵庫・加古川30Kが行われます。

エントリーサイトのRUNNETでおなじみのアールビーズさんが主催の30km走の大会です。

この30Kシリーズは、昨年から開催地が多くなり今年も新たな場所でも開催されていく模様です。

 

私はその加古川30Kにおいて、ペースメーカーを務めます。

ペーサーを務めるのは10月の大阪30K以来です。その時の記事は→こちら

 

ペースはフルマラソン5時間切りを目標とする方向けの、「7分/km」を担当いたします。

1人でも多くのランナーを走りきれるように導くため、全力を尽くしたいと思います。

 

 

このペースに限らず、今回出場予定の皆様、どうぞよろしくお願いいたします!

もし見かけた時はお声掛けいただけますと、活動の励みにもなります。

 

 

さて、今週は寒波が来ている影響で、週末かなり気温が下がる予報です。
合わせて、コースが川沿いのためおそらく風が強いことが予想されます。

体温調整が重要になってきますので、参加予定の方は上に羽織るウィンドブレーカーなど着脱可能なウェアなどがあると安心です。

 

強化を目的にして参加するのに、体調を崩していては本末転倒です。

気持ちよく、そして安全に走りきれるように準備をしてくださいね。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/