自分が上がる方法。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛の野見山健治です。

 

日本スポーツ界にとって残念なニュースを目にしました。

 

カヌースプリント男子で東京五輪を目指していた鈴木康大選手が、日本選手権で同種目のライバル選手の飲料に禁止薬物を混入させていたのです。

その大会でライバル選手が優勝したものの、ドーピング検査で当然ながら禁止薬物が検出され資格停止処分が科されてしまったのです。(今回のことが表面化して処分は解除されたとのことです。良かった)

 

 

ドーピングが不正であることは周知の事実です。ましてや競技レベルでやっている人が知らないわけがありません。

「地元の五輪に出たいという焦りがあった」と動機と思われるコメントがありましたが、万が一それで出場したところで胸を張って代表だと言えたのでしょうか。

 

焦りによって100歩譲って自分自身が服用するならまだしも(もちろんそれさえ問題外ですが)、他の誰かを陥れようとするのは卑劣極まりない。

さらには他者の競技用の道具も盗んでいたという報道もありました。

 

 

フェアプレーとは真逆。もはやスポーツマンとさえ言えない行為。

凄く残念。

 

日本ではまだまだマイナーな種目において、メダリストが生まれ少しずつ知名度も広がってきたところで…

こんな広がり方は残念すぎます。

 

 

正直なところ、私も詳しくないのでこの事件を起こした選手のことを知りませんでした。

でも、そんなことをすることに頭を回すなら、自分の実力をどうやって伸ばすかということを考えてほしかったです。

 

 

私たち市民レベルではドーピング検査をすることもないでしょう。

何をするにも自分の責任です。

 

ただ周りに迷惑をかけたりしないことや、あとで振り返ったときに自分に胸を張れるかどうか。

 

そこは私自身守りたいですし、あなたには守ってほしいと考えこのような記事を書きました。

誰かを落とすのではなく、自分が上がる方法、考えていきたいですね。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/