目安に踊らされない。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。 

 

9月も終わりということで。
月のランニングの結果をまとめましょう。

走った日:12日(仕事を除く)
走った距離:99.74km

 

おしい!
知ってたら延ばしたくなる距離ですね(笑)

 

まぁ知っててもやらなかったと思いますが。
 

 

距離から得られるものは、自己満足だけです。

 

求めるものを見据える

距離は確かにわかりやすい結果です。ただ中身が伴ったうえでの距離から得られるものと、ただ距離を求めたものでは成果は全く異なります。そこを混同しないようにすることが、成果を出すための一つのポイントです。

 
距離という数字のマジックにとらわれて、「こんなにやったのに」と考えてしまう人もいます。距離に乗せるために無理する人もいます。気持ちを満足させることはモチベーションを維持するためのも良い方法です。ただそこにとどまるだけでは、成果を引き出すのは難しいでしょう。

 

 
キリの良い数字までやりきったら、当然達成感は得られます。でもそこから走力などに繋がる可能性は高いとは言えません。むしろ怪我のリスクの方が高いかもしれません。
数字は目安。ブログに目を通していただいている方には、やりたい内容や求める結果をきちんと見据えて、その理想に近づくための努力をブレずに取り組んでほしいと願います。

 

 

 

さて、今夜は月を見ながら30分ジョギングしてきました。
キレイな月を見ながら、ただただ身体を動かす。正直感覚はいいものではありませんでしたが、ここ数か月抱いていた違和感からは解放されました。作り直すにはちょうどいいタイミングです。
こういうメリハリを大事にしながら作り上げるとしますか!

facebook
facebook

JRTA ACADEMY (日本ランニングトレーナー協会)
http://www.runningtrainer.jp/