いろんな思いを形に。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

運動をしようという動機は人それぞれですよね。身体の状態も今置かれている環境も全く同じという人は一人もいません。

今日と明日の自分でも違ってくることもあるかもしれません。他人ならなおさらです。

 

今パーソナルを担当しているクライアントのお話を聞いていても、生活の中でいろんなことが起こるんだなと。
私自身もそうですが、思い通りに進むことなど皆無。そんな想定外の時に対応できるだけの準備の重要性を最近ようやく感じ始めました。備えあれば何とかです。

 

ランニングに関しては考える割に、生活に関してはそこまで考えていなかったという…反省。
反省をこの先に生かせばいいんだ、うん。

 

 

ランニングに取り組む方も、健康のため、減量のため、記録更新のため、何かの約束のため、満足感を得るため…本当に多種多様な目的があります。

先日新規のクライアントと共に

 

その一人一人が心の奥に抱いている「理想の姿」。これを引き出し、そして近づいていく。

これが出来なければ、私の存在意義はない。

技術を知るだけなら、本でもいいし動画サイトでもいい。調べて出てこないことが日々減っていく中、むしろ情報の波に飲み込まれない方が大変かもしれない。

 

 

それだけ情報が氾濫していても、自分がいる意味。この意味は先ほどのことを実現できるかにかかっている。

まだできる。もっとできる。 

 

 

あなたの理想の姿はなんですか?なかなか近づけない気がしている方は、まずご連絡ください。皆さんの声が力になります。

 
そして、あなた自身が変わるきっかけにもなるでしょう。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/