相互刺激。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

今日は各地でマラソン大会。仕事柄というのもありますが、SNSを開くと9割くらいランニング関係。皆頑張ってる。練習も含めて、走った方お疲れさまです。

 

私は今後走るランナーへの準備として、今日もNBgowomenの練習会(大阪エリア)へコーチとして行ってまいりました(参考記事:届け、響け)。

 

各地の大会などで多少減ったりするかな?と思っていましたが、そんなことはなくかなりの数の参加者!

こうしてみると結構な人数!

皆さんやる気に満ち溢れています!
日差しも暖かく、絶好のランニング日和ですね。

 

今回は私が動きづくりとドリルをまるまる担当させていただきました。
動きづくりでは、いつもより丁寧に時間をかけて行った分、脚の軽さや肩の動きやすさを実感された方が多かったように思います。

堂々と(?)してます

ちょっとした動きをするだけで、変わってくる身体。その変わった身体で走り出すとより良い動きをいい意味での「癖」として記憶をしていきます。繰り返していくと「当たり前」になっていく。良いサイクルは自分で作る。

 

残念ながら、その逆も然り。負担のかかる動きや変な体勢を日常的にとっていると、動きもそっちに寄って行ってしまいます。身体は形状記憶ができると思っていてもらっていいかと思います。せっかくつけるなら、よりよい癖を!

 

 

今日行った動きは、苦手そうな方がかなり多く見られた気がしますが、是非少しずつ一日1個でもいいので実施してほしいです。きっと変わります。

 

「動きにくい」というのは伸びしろがある証拠。そのポイントを思い通りに動かせるようになるとパフォーマンスは変わっていきます。

 

 

その後は60分間使って、各目標ペースに分かれてランニング。質疑応答では、身体の痛みなどの対処や大会当日の準備、練習内容などあらゆる角度からの鋭い質問が。
出来うる範囲でお答えしたつもりです。新たに出たらいつでもお気軽にどうぞ!

 

その熱心な姿は私自身の刺激にもなりました。まだ本番まで時間はありますが、刻一刻と減っているのも事実。

今、この瞬間。
今日という日。

無駄にしないように頑張っていきましょう!

 

練習会には、私のほかにも頼もしいコーチ陣がたくさん。

本日担当のコーチ陣

コーチ陣の実績などを考えると、私がいるのは場違いな感も否めませんが、私だからできることもあると思っています。
自分にしかできないことを、どれだけの方に響く形でお伝えできるか。

 

皆様の笑顔の素になります!

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/