意味を持たせましょう。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛の野見山健治です。

駅伝について、先日も記事を書きました。参考記事:その過酷さを改めて感じる

そのプリンセス駅伝と同じ日に開催予定だった、高校の都大路の代表を決める兵庫県予選が24日に延期となり無事に開催されました。

 

無事に、と言っていいのかはわかりませんが…

というのも、本来行う予定だったコースは公道のため別日には使用が出来ず、加古川運動公園のトラックを使って行うという駅伝では見たことのない形式で行われたからです。

 

 

しかも駅伝と言いながらも、混乱を避けるためにタスキを使わずに行われたのです。

 

それでも強いチームは、普段から実戦(今回は駅伝)を想定したトレーニングを積んでいるのでしょう。

優勝したのは男女ともに県内屈指の強豪校西脇工業高校でした。

足立幸永監督は「たすきがなくても、終盤にペースアップするなど駅伝をイメージしながら走っていた」ー神戸新聞NEXT

 

走るトレーニングはもちろん重要ですが、本番を想定した意識付けを行い、その経験値を積んでおくということが選手の力を存分に発揮するために必要なのです。

 

これはどの種目でも同じです。

私たちも同じように時間を費やすのなら、ただ行うだけでなくトレーニングにしっかりと「自分なりの」意味を持たせていきたいですね。

 

 

ここで声を大にしたいのが最初は「自分なり」でいいのです。科学的な根拠だとか、細かいことは気にせずいきましょう!

まずは自信を持つことが大事だからです。

 

全く違うことを行うことはないはずです。内容を目的に合わせていくのは、段々と経験を積むことで出来るようになっていきます。

 

早速考えてみてください。

今日のトレーニング、あなたにとってどんな意味を持っていますか?

 

 

お知らせ

今日の記事とは関係がほとんどないのですが、期日が迫っておりますため11月上旬にいくつか立ち上げているイベントを改めてご案内です。

①3日(午前)。

身体を動かすのが楽しくなる「ファンクショナルトレーニング」~動けるカラダを作ろう~ – 「ファンクショナルトレーニング」とは機能的なトレーニング。身体の機能を引きだすことを目的としたトレーニングです。出来ていると思える動き、実は思ったより動いていないかも?身体が少しずつ解きほぐされていく、そんな不思議を実感しませんか。https://moshicom.com/11966/

②3日(午後)。

毎日頑張れる身体づくり!~ケア・ストレッチ・トレーニングを組み合わせて疲れにくい身体へ~ – 「日々のトレーニングは行っているけれど、ケアや補強系の運動はしていない。」そういう方は少なくないと思います。ケアを行い効果的に疲れを取って、より良いパフォーマンスを出すためのきっかけを作っていくお手伝いをします。https://moshicom.com/11985/

③5日。

楽しく完走するために~神戸マラソン試走会~【後半】presented by相支走愛 – 走るのより難しい(?)「0次関門」を無事に突破出来たら、今度は本番への準備開始です!コースを試走して、体で覚えて当日気持ちよく走れるように対策していきましょう!もちろん来年以降に向けての準備や純粋に練習としての参加も歓迎いたします。https://moshicom.com/11107/

 

いずれも締切が迫っております。

そして定員に近づいているものもあります。お早めにお申し込みください。

 

お待ちしております!

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/