熱・坂対策トレーニング。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛の野見山健治です。

 

今日はかなり暑い1日でしたね。さすがに空調をうまく使わないと身の危険を感じるほどの暑さ。

天気予報でも気温の上昇が予想されていたので、早い時間に走り出しました。(そんな日でも走ってしまうのが性ですね…)

 

 

今日は坂練

坂道を求めて、今回はまた違うルートから。

まずは鳥原貯水池。

日陰が多くて走りやすい!(ただし辿り着くための坂が少し急です)

暑さはあっても、直射日光が遮られるだけで体感気温は全く変わってくるので、比較的楽に走ることが出来ました。

 

 

そのまま進んでいくと、水もキレイでキャンプや水遊びをするファミリーもちらほら。いっそ一緒に浴びたい!という欲求をぐっと抑えて先へ進みます。

 

 

そして石井ダムへ。

ここから進むには、「ちょっと」階段を登る必要があります。ちょっと…ね。

 

 

上ると…

いい景色!

これで疲れも吹っ飛ぶ…かも。階段は景色から察してください(笑)

 

 

ここからは緩やかな傾斜の道路が続きます。階段で刺激が入っているので、それでもなかなかに疲労感を覚えます。

電車の車庫でしょうか。こういう感じで景色が変わっていくと楽しめる分気持ちが楽になりますよね。

そういう意味でもこのコースは良いかもしれません。

 

 

帰り道。

給水は1Lほど準備していたのですが、脳が違うものを欲していたので「力水」を飲みました。何年振りだろう。

普段は途中で買ったりしないのですが、身体の信号には素直に従った方が良いと判断。特に今日のように気候が厳しいときは尚更です。

 

安全第一ですし、健康な体があってのものですからね。

美味しかった!

けど、こんな味だったっけ?記憶の中とは少し違いました。

 

 

トータル20kmほどでしたが、良い刺激を得ることが出来ました。

帰ってからは熱にやられた実感があったので、水分・塩分の補給と休息。そして体温を下げられるように工夫をして回復を促しました。

 

自分の身体のメッセージを、なるべく敏感に受け止められるようになりたいものだと改めて感じました。

筋肉だけでなく、内側からの熱という面でもケアが必要だなと改めて感じた一日でした。

 

 

 

蛇足。

このような暑さや坂道への耐性をつけることは、「強さ」を身につけるための近道だと考えます。(もちろんある程度基本がないと意味を成しませんが)

15日(火)にはそれに対応するイベントを予定しております。まだまだ絶賛募集中ですので、是非ともご参加ください!

坂道ロング走【暑さ対策・坂練】presented by 相支走愛 – 暑さ真っ只中の時期ではありますが、秋に身体を楽に動かせるようになるためにはこの時期の運動が不可欠。暑さへの対応力を高めつつ、負荷は高くなり過ぎないようにゆっくりと走っていきます。なかなか一人では取り組むのが難しい坂道・暑さ対策というのを力を合わせて行っていきましょう!https://moshicom.com/9522/

よろしくお願いいたします。

facebook
facebook

JRTA ACADEMY (日本ランニングトレーナー協会)
http://www.runningtrainer.jp/