チャレンジの場。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

 

 

先日無事に開催された大阪30K冬大会(参考記事:リアルな大会)。
私自身もペースメーカーとして走らせていただきました。

 

こうした場が消えないようにするためにも、携わる者が出来るだけの準備をする。
そして参加者も含めて最大限の努力をする。
全員でぶつからなければいけないと本当に思います。

 

 

この火を消してはならない!

 

 

さて、2月にはさらなる展開があります。

 

その名もランナーズフルマラソンチャレンジ!
公式HP→https://runnersfullmarathon.jp/

この大会の大きな特徴は日本陸連公認大会であること!
つまり完走すれば公認記録となります。
ここ2年間は市民ランナーが出ることができる大きなマラソン大会はほとんど開催されなかったので、そういう意味でも貴重な機会となります。

 

 

通常は陸連の公認記録の有効期限は2年間ですので、ほとんどのランナーの場合は期限が切れている状態になります(※コロナの影響を鑑み、有効期限が3年など変更になる場合もある)。

その中では公認記録になるという場は、大きなステップとなりそうです。

 

 

また制限時間が4時間と市民ランナーが参加できる大会としては非常に高いレベルになります。(都市型マラソンは7時間が多い)

 
実は当初もっと制限を厳しくする案もあったくらい陸連登録者に特化した大会となります。

 

 

そしてパーソナルドリンクを置くことができるので、自分なりの工夫が出来ることも特色。これも楽しみの一つかと思います。
私は過去にエイドに自分の用意した容器・中身のものを置けるとなったとき、気分転換にもなり楽しみで頑張れた記憶があります。

 

 

こんな痺れるような大会で、私もペースメーカーをやらせていただきます!

光栄であると同時に、なかなかのプレッシャー。。。

 

絶対につぶれられない(笑)

サブスリーペーサー時

今まで何十回もやってきて途中でつぶれたことはないですが、万全を期して臨みたいと思います。

 

参加をされる方はよろしくお願いいたします!

 

 

ちなみに1月27日までエントリー可能です。
まだ間に合いますよ!

 

 
もし日程と体調の準備が整いそうな方は、是非ご検討ください。

一緒に戦いましょう!

facebook
facebook

JRTA ACADEMY (日本ランニングトレーナー協会)
http://www.runningtrainer.jp/