戻ってきた。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

この日がようやく戻ってきました。

それは、セレッソランニングクラブBRISAの練習会での活動。
 

緊急事態宣言やらその他の措置のために、4月からずっとお休みの状態でした。
こうした「場」がなくなると、やっぱり張り合いもないですし気持ちもなかなか上がってきません。
改めて活動させてもらえるありがたさを感じます。

と同時に、あんな日々はもう嫌だと。

 

今回はいつも通り動きづくりから長居公園を走る予定でしたが…

 

動きづくりでは、まさかの「ヨドコウ桜スタジアム」を使わせていただけることに!※使えるエリアは限定されてます。

 
このスタジアム、今年完成したばかりなのです。

好きなチームの本拠地グラウンドとかプロが普段試合をしている会場に足を踏み入れる高揚感。
わかるなー!

 

私も興奮してました(笑)

 

というわけで、参加者の皆様は冒頭に撮影ターイム。

 

こういう場所だったりこの練習会ならではの特権ですね。(時にクラブハウス周辺で選手に会えることもあったり)

 

久しぶりだから

走る方はというと、この自粛期間にランニングも自粛されていた方もちらほら。
まぁ生活リズムも変えざるを得ないですし、主要なマラソン大会が開催を見送り目標を失う方も少なくないわけで。

 

そんな中でも、こうして参加しようという気持ち。それには出来る限り応えたい!

 

けど、そんな気持ちを適度に抑えて控えめメニュー。
経ってるだけでも汗をじっとりかくような蒸し暑さ。そこに久しぶりということが加わると、危険ですからね。

 

今回は動きづくりの中でも股関節の可動性や接地を中心に。
その後、脳トレも行ってから…ランへ!

 

普段走る方も、そうでない方も普段とは違う身体の使い方を意識できたのではないでしょうか。

 

 

ランは長居公園を使用。
夕方だったので人は少なくなってました。これくらいなら気兼ねなく走れる。

 

しっかり走る方、マイペースで楽しむ方、様子を見ながら調整する方…それぞれの楽しみ方。
こうした姿を近くで見られるというのはコーチとしての特権です。

 

いろんな質問にもお答えしながらあっという間に過ぎました。
参加の皆様にもそう感じてもらえてたらいいなぁ。

 

お疲れさまでした!

 

 

こうした場がまた失われないように、個人が出来ることはやっていかなければですね。
そうして自分で自分の場を守るという意識は必要かもしれない、と改めて感じました。

 

こうした練習会やイベントなど人が集まるのはまだ不安だけど、もっと効果的に動けるようになりたい。

 
そんな方はパーソナルメニューはいかがでしょうか。
今が根本から見直すチャンスです。パーソナル・イベント等のお問い合わせ等は、メールまたはチャットワークからお気軽にご連絡ください。

facebook
facebook

JRTA ACADEMY (日本ランニングトレーナー協会)
http://www.runningtrainer.jp/