濃い時間。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

先日の記事で触れたAnimalFlow(参考記事→:動物のように)。

 
この週末の2日間、AnimalFlowのL1ワークショップに参加してきました。

 

2日間、ほぼみっちり動き続けます。とにかく実践。ひとつひとつの動きにおいて、身体の使い方などかなり神経をとがらせる必要があります(繊細にやっているつもりでも思い通りに出来ないw)。

動きを覚える、実践する、修正する、反復する。さらに時折コーチング。

 

頭も体もオーバーヒート気味(笑)

 

それでもマスタートレーナーの方が凄く丁寧でわかりやすく、楽しく取り組めます(しんどいけどw)。
参加されている方も背景こそ違っても、皆さん意識が高い方ばかり。刺激的な空間で非常に心地良く、時間の流れもあっという間!

 

1日目終了後、かなり入念にメンテナンスをしましたが、2日目は筋肉痛(笑)。でも予想より影響が小さくてちょっと安心。やっててよかった。

 

そんな体に鞭打って(?)、なんとか2日間乗り越えました。

 

 

やりやすい動き、得意(と自分は感じる)な動きもあれば、全く出来ない動きも…。やっているつもりでも出来なかったり、思い通りに身体をコントロールするのが難しかったり。出来ないも感じることが大事。これはどんなことに対しても言えます。気が付かなければ修正もないですし、成長速度も速くはなりませんからね。

 
エラーパターンに対しての対応などを試しながら、少しずつ出来ることを積み重ねる。

 

このわずかな時間でも、違いを感じる。積み重ねの大事さを改めて感じました。非常に実のある濃い時間を過ごすことができたと思います。

 

トレーナー、参加者の皆様、ありがとうございます!

最後に息止めてマスク外しての撮影(画像追記)

 

 

出来ないは伸びしろ。出来るようになればいい!
これってどんなことにも言えると思うのです。出来ないからやらないはもったいない。やらないと出来ないでも意味は違いますしね。

 

 

 

とはいえ、これはまだスタートでもないわけで。

まずはテストに向けての準備と練習。そしてライセンス取得するのが目的でもなく、それを活用していくための一歩。

 

まだまだこれから。

facebook
facebook

JRTA ACADEMY (日本ランニングトレーナー協会)
http://www.runningtrainer.jp/