届け!

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

 

久しぶりの更新となります。
ほぼ毎日書いていたあの時に少し戻そうかと検討中。

 

さて、先日はこれまた久しぶりの大会にて活動をさせていただきました(参考記事:大会のサポートを)。

 

 

スポーツワン様主催の「長居公園ハーフマラソン」にて、ハーフ、10km、5km各部門のスタート前に走り方教室と題して動きづくりを担当。 

 

内容も変えて

各部門で出力やスピード感は当然変わってきますので、必要な動きにも違いが出てきます。

 

最初のハーフマラソンは参加者が最も多く動くスペースも少なかったので、動きづくり中心に。
各関節に対してアプローチ。

変化を感じていただけた方、早速試している方など見受けられて嬉しかった!

 

 

10kmはスピードに乗りやすいフォームづくり。

人数も少なくスペースを使って、ランドリルも実施。上半身の使い方によって推進力が変わってくるのを実感していただけたかと思います。

 

最後の5kmはジュニア世代も多かったので、動きづくりに加えてドリルで遊びの要素を入れながら走る流れにもっていきました。

 

予め考えていたものとは若干変わりましたが、その環境の中で、かつ短時間で伝えられることは出来るだけ伝えられるように努力したつもりです。

 

頑張れる身体になってほしいという思いよ、届け! 

 

 
十分に伝わらなかったらごめんなさい。力不足です。

 

 

その後は各部門それぞれスタート地点まで一緒に移動し、声掛けや質問に応えさせていただく形でうろうろと。(本当は教室だけでよかったみたいだけど)

 

やっぱり少しでも力になりたい!
この空気が好きなんです。

 

スタート後は再び本部までジョギング移動しながら、ランナーに声掛け。
 

一生懸命に取り組んでいる姿というのは輝いています。

 

走力とか経験とか関係ない。
速くても適当な人より(そんな人あまりいないと思うけど)、自分と向き合って全力でぶつかす人の方がよっぽど応援したくなります。

 

 
少しでも参加されたランナーの皆様が気持ちよく走る助けになっていたら嬉しい、と思いやっておりましたが、むしろ元気をもらう形になりました。

 

暑い中でしたが、ご参加された皆様お疲れさまでした。

そしてありがとうございました。

 


今後も微力ながらランニング業界の盛り上げになるよう、個や大会で貢献していきたいと思います。

facebook
facebook

JRTA ACADEMY (日本ランニングトレーナー協会)
http://www.runningtrainer.jp/