緊張と興奮

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

先日、ジュニア世代のパーソナルの依頼を受けました。
直近で行われる記録会で狙っているタイムがあるということで、その目標達成のために!と2回のセッション(各回30分)を行いました。

 

セッションの中では通常と同じ流れで実施。
今の身体の動きを把握した後、動きづくりやassistickを用いて可動性を出しました(参考記事:気持ち良さと身体の変化)。

 
そのうえで必要と感じたトレーニングを実施。ウォーミングアップではAnimalFlowも!
目的に合わせて選べば効果的なエクササイズになるのです。

意識の変化がフォームの変化に繋がりました。

 

結果やいかに…

それで結果がHPにアップされたのですけれどね…

 

 

見事、目標達成!直接の報告もいただきました。
おめでとう!!

 

タイムという結果に繋がったことは素晴らしい。
でも走るたびに更新できるほど簡単なものじゃないこともわかっています。

 

だからこそ、その過程での変化を本人の感覚でも掴んでもらえたことが一番なのです。
その経験の積み重ねは必ず次に繋がるから。
 

今回は初挑戦の種目にも参加したようで「走ることが楽しい」と改めて感じてくれたようです。

 

 

いやー嬉しい!
自分のことより嬉しい。

 

自分のことなら頑張ればどうにかなるけれど、自分だけが頑張ってもどうにもならないのです。
ましてや他者の「感情」をコントロールすることは出来ませんから。

 
結果を待ってる時のドキドキ感は普段は味わえない緊張感でした。
いっそ自分でやって楽になってしまいたい(笑)

 

この緊張感はこの仕事だからこそ味わえる独特なものに違いありません。
クライアントが出場する大会や目標のとき、その都度味わっております。幸せな緊張感。

 

嬉しいし、安心したというのが率直な感想。
勝手に祝杯あげたのはここだけの秘密(笑)

 

毎日祝杯あげたくなるくらい、多くの人の笑顔に貢献出来るよう活動していきます。

 

ジュニア世代には一般向けとは時間・価格も多少異なります。
パーソナルメニューやイベント等のお問い合わせ・お申込みは、メールまたはチャットワークからお気軽にご連絡ください。

facebook
facebook

JRTA ACADEMY (日本ランニングトレーナー協会)
http://www.runningtrainer.jp/