個だからできること。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

  

何だか久しぶりに…

フォーム診断・パーソナルセッションをやってきたという内容の記事。
 

カウンセリングにて現在の身体の状態(自覚的)と課題、そして目標などを聞いたうえでフォーム撮影。
簡単なフィードバックを経て、動きづくり!

 

相支走愛のセッションではこの動きづくりの時間を大事にします。
今は動画サイトやSNS、様々な書籍などでランニングに必要とされるドリルなどに触れる機会は多くなっています(どれが必要か、どれが効果的かというところは置いておいて)。

 

ただ、それらがどんなに効果があるドリルだとしても、身体が動く状態でなければその効果を十分に生かすことは出来ない。
極端に言うと、その動きを見た目で再現しようとした結果、無理な動きになってしまい逆効果になることもあり得ます。

 

 

だからこそドリルの効果を高めるためにも、自分の身体の可能性を高める動きづくりというところは必要不可欠。

 
さらに身体というのは一人一人違います。

それぞれの状態を見極めて、必要なことを提供するのがパーソナルだから出来ることだと考えています。

  

この日もそのような流れで行っていった結果、走り出す前には「重い」と感じていた動きが「自然に前に出る感じ」という印象に変わったようです。
まずはこうして知ることが一歩です。そのきっかけになれて良かった。

 

緊急事態宣言の期間が延長になったり、再発出されたり、まん延防止等予防措置のエリア拡大されたり…コロナの影響は大きいですが、リスクとなる行動を制限すれば出来ることはあると考えています。(はっきり言って酒飲んだり、食事をしたりすることが悪ではないですよね。見当違いだと思う)

 

パーソナルに関しては、通常とは多少違う進め方になることはありますが、距離を取り体調確認等をさせていただくことで引き続き提供できればと思います。状況が変わったらまたお知らせします。


パーソナルメニューやイベント等のお問い合わせ・お申込みは、メールまたはチャットワークからお気軽にご連絡ください。

facebook
facebook

JRTA ACADEMY (日本ランニングトレーナー協会)
http://www.runningtrainer.jp/