時には解放。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

なんだかメンタルが上がらないというか、気持ちの整理が出来ない日とかありませんか?
私はどちらかというとのほほんとしているというか、考え込んだりしない(と思い込んでいる)ので基本的に気になりません。嫌なことも(都合よく?)忘れます。でも、ごくまれにどうしようもない思考回路にハマってしまうことがあります。

原因がわかればいいんですが、こういう時って「なんかわからんけどもやもやする」という言葉では表せない状態になることが私の場合は多いです。

動いていなかったりすると、こういうループに陥りやすい気がします。最近気が付きましたが、ご飯を食べてない日もそうなるのかもしれない。
オフで予定のなかった今日は、朝食を摂らず。
それが原因かはわかりませんが、午前中は集中が難しい状態でした。タイミングよく外でランチすることになりましたので、気分転換が出来ました。


普段は外食自体あまりしないので、それだけでもすごく楽しい。一人じゃないというのも嬉しい。しかもお昼からちょっとオプションも(笑)

オリオンビール!グラスがかわいらしい

こういう気分転換。大事だなと。

もちろん身体をコントロールしたり、目指す方向へ進むためには運動に加えて食事を「管理」をすることは大事です。(※制限ではない!)

でも「○○しなければいけない」に縛られ過ぎたら、何も楽しくなくなってしまうかもしれません(それさえ楽しめるところまで持って行けてたら凄いです)。特に食事は楽しい時間にしたいと私は考えています。

がんじがらめにせず、時には放出する時間も作ってあげると長期的に見ると取り組みが楽になるかもしれません。

何度も挫折をしてしまう人は、「~しないといけない」から時には解放してみるのはいかがでしょうか。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/