10月、結果として。

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)認定ランニングインストラクターの野見山健治です。

 

ここのところ一気に気温も下がり、秋が深まり・・・というか秋を飛ばして冬が近づいてきているような気候ですが、皆様体調はいかがでしょうか。

このような時は目に見える体調不良だけでなく、身体の奥深くにも疲れが溜まりやすいので気を付ける必要があります。

 

と言いつつ、私自身も少し下降線なので、しっかり食べて休息も取って整えていきたいと思います。

 

さて、早いもので10月も終わりとなります。

毎月恒例の練習記録のまとめです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

走った日数 15日
走った距離 210.0km
漕いだ距離 50.6km (自転車)

 

平均すると月間12日前後が多いので、15日は私の中では多い方です。

ペースメーカーを務めたり、ハーフマラソン出場という機会もあったので距離も200km突破と結果的に普段より多くなりました。

 

11月は近いところでの目標レースである神戸マラソンがあるので、そういう意味でも内容のある1か月にできたと感じています。

あと3週間をどう過ごすか、しっかりと計画して調整していきます。

 

 

距離にとらわれることなく、目標に対する計画から進めて「結果的に○○kmだった」というような考え方がもっと広がるといいなと思います。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/