第26回武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン~レースまで~。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソンに参加してきました!

 

前夜から当日朝方まで雨予報で、足場が悪いことを予想しておりましたが、現地についてみると確かに荒れてはいましたが想定内。逆にスタート後は急速に天気が回復してきて、路面は驚くほど乾いて、気温も上がって体感温度は高くなりました。

想像していた通り、発汗の多さ、脱水症の危険性をはらんだコンディションに。

 

これを予想していたので、直前の食事は塩分と水分を多めに摂れるようなメニューにしておりました。

これをやっていて良かったと思います。

 

 

参加賞

今回の参加賞は、バッグ。

昔の小学生がプールに行くときに持っていたような形にもなるし、リュックスタイルにもなる意外と容量もあるつくり。早速開封して帰りに使いました。

近くのお風呂屋さん「笹の湯」さんの無料利用券もあるのですが、そこですぐ使えそうなボディソープがついているというのは嬉しいですね。

 

アミノショットもいただきました。

 

 

前夜からスタート前まで飲むドリンクは自分で濃さなども調整して、塩を適量加えておきました。ドリンクからも摂取。長時間動くときにはこの方法が手軽で良いと考えています。

 

 

目標は

過去に応援など間近で見たことはありますし、コースを走ったこともあります。確かに平坦でそれほど負荷が高そうには見えない場所ではあります。

しかし実際は、アスファルトもあれば砂埃が舞うような学校のグラウンドのような場所、不整地があって思った以上に脚を使わされる印象。参考記事:外から見たユリカモメ

 

それを踏まえつつ、ここまで順調に準備を進められましたので、攻めの姿勢でレースに臨もうということで、「6時間以内」を目標に。

単純計算で70kmをAve. 5分8秒/kmで走り続ける必要があり、コースの特性もあいまって厳しい設定。例年このタイムを達成できれば、順位で上位5%以内には入れるくらいのレベルです。

 

 

ここで頑張らなければ、先に繋げられないのでここを狙って攻める。もしだめでも耐え続けようと心に決めてスタートラインに立ったのでした。

 

 

結果は明日書きます。今宵は疲れが…

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/