明日の自分のために。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛の野見山健治です。

 

あなたは、普段の練習を何のためにやっていますか?

もちろん、大会への出場のためだったり、健康のためだったり、減量、気分転換…人それぞれながら目的があるから行動を取っているはずです。

 

長期的な目的は、ほとんどの方がお持ちでしょう。

それに対して、その日の練習にどれほど目的を持たせていますか?

 

 

目的を持てば効果アップ??

人の脳の意識の力は思った以上に大きいものです。

身体を動かす際に意識した場所には、脳からの神経伝達物質の量が増えると言われています。

同じように、「今日の練習は○○のためにやる!」という目標を設定することで、ひとつ意味を持たせ、ワンランク上の内容に変えることが出来ます。

 

目標を設定するだけで内容を充実させられるなら、簡単ではないでしょうか。

 

 

習慣だから走っているという方もいらっしゃるでしょう。習慣に出来ていることは、強い意志が必要ですし、素晴らしいことだと思います。

でも、このひとつのことを加えるだけで習慣をワンランクアップさせることも可能なのです。

 

せっかく普段の忙しい日常から時間を切り出して練習に充てているのですから、漠然とやるよりもテーマや目的を設定して意味を持たせたいものです。

そうすることで、仮に0.1%だとしても効果が上がれば儲けもんだと思いませんか。

 

 

明日の自分のために

そういう意味で、私は今日坂道の多い道を走るというテーマを設定しました。

9月の村岡ダブルフルに向けて、坂道練習は必須だと考えています。今の自宅周辺には、前に住んでいた長野県のように標高の高い山はありません。だからこそ意識を研ぎ澄ませる必要があります。

 

 

時にアジサイに癒されながら。

 

上っていても、下っていても、平地であっても一定のリズムを刻み続けることをサブテーマとして設定。

坂道の走り方の感覚を取り戻すと共に、体感でのリズムを身体に刻んでいきます。

「今の状態でいつまでも走り続けられるペースはどこにあるだろう?」と自分の身体と対話しながら走りました。

 

 

この1回1回のトレーニングの積み重ねが、明日の自分の力に繋がります。

それは去年の自らの経験から、確信していることです。

 

 

トータル25km。

最後の100mほどは軽く流しましたが、今のロングジョグの快適ペースは5分30秒/kmくらいにありそうです。週末だけの練習の状態では上々です。

去年のピークの記憶があるのでその差に焦りを覚えることもないというわけではありませんが、そこをいい意味で忘れて今の状態に集中して作っていければと思います。

 

坂と言ってもそれほど標高差はありませんが、今できることをひとつずつ。

身体と心の自信をひとつ深めた一日になりました。

 

 

次の練習、どんなことを何の目的でやりますか?

今まであまり考えなかった方は、是非自分なりのテーマを設定してみてください。きっとほんの少し違った明日が待っていますよ。

 

 

 

テーマに合った練習内容、目標に向けたトレーニングなどを自分で考えるのはなかなか難しいですよね。

そこで相支走愛ではパーソナルトレーニングの他、練習メニューの提供(オンライン)なども行っています。

もし関心をお持ちいただけましたら、お気軽にコメント、あるいはinfo@soushi-souai.comまでご連絡ください。

 

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/