早速、実食。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛の野見山健治です。

 

昨日、夏の旬食材を食べましょう~ということで記事の中にひとつあげていたレシピ。

参考記事:6月はもう夏

 

 

今日、早速作ってみました。

 

 

その手順を振り返ります。

①今回は和風バージョンにしたので、椎茸とかつお節で出汁を取ります。かつお節を投入するときは火を止めてからの方が良いです。

 

②トマトを入れてベースのスープを作ります。味付けはしょうゆとみりんが軸。

 

③弱火でことこと煮込んでいる間に、食材をカットします。

今回はたまねぎ、なす、ズッキーニ、ニンジン。

鳥ムネ肉も加えました。肉も含めて一口サイズのカットです。

 

 

④各食材に火が通るまでじっくりと。

 

 

⑤仕上げに、みょうがの千切りを上にちらして完成。

もちろん、みょうがは無くても良いですが、さっぱりといただけます。

出来立ては具だくさんスープという感じですが、冷ましてからパスタやそうめん等と一緒にあえるように食べるのも良いと思います。

 

 

そして今日の食卓。

盛りだくさん!

 

妻と手分けして作成です。(私が邪魔をしているだけという説もありますが…)

 

 

食べることから、身体は作られます。

食事は大事にしていきたいですね。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/