予想外でも積み上げ。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

日々の練習記録をとっているランナー、トレーニーは多いと思います。ただ記録を取るだけでなく、その取り組みが結果にどうつながっているのかを振り返るときに使うとさらに効果的です。実際に成長や効果を実感している方は、比較的データを取っている割合が高いです。

 

ランニングやサイクリングのデータをとる方法として、手軽さ重視であればスマートフォンのアプリを使うことができます。
精度やもう少し内容にこだわりたい、使い勝手を良くしたいという方はGPS機能の付いた時計などを利用されています。

 

数ある中で有名なメーカーの1つである「Garmin」。私も使用しています(結構前の型ですが)。


最初はGPS関連に始まり、次第に個人向けの商品を出すようになってきました。ランナー向けのForerunnerは比較的ユーザーも多く、最近では交通系ICカードのsuicaに対応したモデルも出るなど、便利さを追求し、さらに拡大していきそうなところでした。

 

最近の型であれば日常の活動量計としても使えますし、練習強度や疲労回復に関するデータもとれるようになっているので、健康を気にする方であれば一考の価値ありだと思います。健康を推し進める某社の保険では、Garminを使用することを推奨し割引にもなるようです。

 

 

その端末で記録したデータを管理するアプリである「Garmin Connect」などのシステムが先週あたりから停止おり利用できない状態が続いています。HPによるとコールセンターにも影響が出ており、電話やメール、チャットの受信も出来なくなっているとのこと。その他、航空機の航行・ルート計画サービスにも影響が…

 

 

一部では大規模な停電が原因とか、ランサムウエアによる攻撃を受けたとかいろいろと言われていますが、公式に何かの発表がされたわけでもなく…
もし意図的な攻撃だとしたら、本来始まっていた東京オリンピックに合わせてなのか?とか不要なことさえ考えてしまいます。

 

とにかく一刻も早い解決を祈るのみです。

 

 

こういう予想外のことが起こると「記録が取れないからモチベーションが…」なんて意見をちらほらと目にしたりします。

端末の方で記録は取れますし、内容も保存は出来るはずです。
仮にデータがgarmin connectと繋がらないからといって、今日の練習の積み重ねが無駄になるわけではありません。

 

極端な話、時計はなくても練習は出来ますからね。頼るのは良いですが、依存はしないようにしましょう。

 

 

こんな流れに巻き込まれず、コツコツと積み上げを!

facebook
facebook

JRTA ACADEMY (日本ランニングトレーナー協会)
http://www.runningtrainer.jp/