聞いて驚け、見て笑え。

我らエンマ大王さまの一の子分!

 

…好きなんですよ。キスケが。
わかる人に伝われば十分です(笑)

 

 

気を取り直して。
「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

継続することが効果を引き出すために必要なことであることは、あなたも頭ではわかっていることだと思います(参考記事:「もどり」で諦めない)。
わかっているけど難しいんですよね。わかります。

 

続けるためには、楽しむ気持ちを持つことやモチベーションが上がる要素を準備することが大きな後押しになるといえます。

実際にあったことのある方はご存知かもしれませんが、私は筋肉の柔軟性が非常に低いです。関節はそれなりに動くようにはなっているのですが、一般的なイメージにおける柔軟性はなく「体が硬い」人です。

 

 

どれくらい硬いかというと…見てわらえっ!

before

いや、我ながらなかなかのクオリティ(笑)
見た目は飛騨のおまもり「さるぼぼ」のようです。

 

撮影は開脚姿勢でやっていますが、長座姿勢にしようものならひどいときは上半身が鈍角になってしまいます。
\_ ←こんな感じ。

 

最低限のケアをしていれば違和感や痛みはなかったのでそれほど気にはしていませんでしたが、この機会に根本から変えてしまおうと思いまして取り組み始めたところ…

after

ここまで来ました。脱さるぼぼです。

 

 

これで満足をしたというわけではないですが、確実な変化は感じています。目に見えて出てくるとモチベーションも上がります。もっと自分自身を理想の姿に近づけられるようまだまだ取り組みますよ!

 

 

こうして日常的に取り組む中で、自分の身体にとって効果的なものとそうではないもののすみ分けも出来てきました。
わかってはいたことですが、ある人に効果が出ることが万人に効果的とは限りません。そして柔軟性を上げたいからといって闇雲に伸ばすだけじゃ意味がないんです。身体の繋がりを根底に置きつつポイントを押さえることが効果を引き出すコツなのです。

 

 

私自身は身体を伸ばすことではなくより動く状態を求めていますが、その過程で何をすれば自分の身体が軽く感じるようになるのかもわかってきました。
こういう経験と情報の蓄積は大いなる武器です。

 

 

もし身体のメンテナンスの必要性を感じていたり、なかなか自分の思う方向に身体を動かるようにならないという方は、https://chatwork.com/soushi-souaiよりご連絡ください。直接回答いたします。

パーソナルはあなたに合ったものを一緒に作り上げていきます。きっとご満足いただけると思います。メールからでも受付いたします。いつでも遠慮なくどうぞ!

facebook
facebook

JRTA ACADEMY (日本ランニングトレーナー協会)
http://www.runningtrainer.jp/