刺激を得るために。

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛(神戸)の野見山健治です。

 

ランニングを習慣にしている方は、大会が増えてくるこの時期になると平常心とは異なる「何か」を感じていることと思います。
私も先日の皆様の頑張りを目の当たりにして、大変刺激をもらいました。早速トレーニングしてみたりと、意識が少し変わります。

 

人によっては、こういう刺激はモチベーションを高めるのに効果的かもしれません(参考記事:1人で難しいなら複数で)。

 

集団の一部になったり、複数名で取り組むと一人とは異なる練習にもなりますし、気持ちも切り替えやすくなることもあります。

もしそういう刺激があなたの成長の可能性を高めるのであれば、一歩踏み出してみましょう。

 

 

とはいえ、いきなり練習会などに行くのは時間の制約などもあったりして簡単ではないかも。

そういう方には、練習を共有したりすることが方法の一つとなるかもしれません。

 

トレーニング記録をとっていける「Strava」というアプリには個人の記録のほか、グループに属したりオンライン上でのイベントなどに参加をすることもできます。

繋がっているランナーの頑張りを見ると、刺激になるかも。

 

相支走愛もグループを作成しております。Strava内の相支走愛のクラブページはこちらです→ https://www.strava.com/clubs/489146

 

今後はこのグループ内で、イベントを立ちあげたりする予定です。
参加して、一緒に盛り上げてくださる方を募集中です。一緒に励ましあいながら、頑張ってみませんか。
是非ご検討ください。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/