自然は理想?

「理想の姿」に向かって共に歩むパーソナルトレーナー、相支走愛( 神戸 )の野見山健治です。

 

 

突然ですが、あなたが自然と思って身体を動かしている動作は理想的なものですか?腕を挙げたり、腰をひねったり、歩いたり。

「何も考えずに」出来る動作に、本当に改善点はないでしょうか。

 

 

動作を変えるためにもいろんな取り組み方があります。

たとえばコアトレーニングと聞くと、腹筋運動などを想像される方が多いかもしれません。
もちろん誰もが想像するようなトレーニングをしていっても一定の効果はあります。ただその内容によって、期待できる(現れてくる)成果も変わってくるので見極めることは必要です。

 

 

簡単に言うと、見た目を引き締めたいという方と動作を安定させたい方では取り組み方が異なってくるのです。 

その目的を明確にしたうえで、普段の動作を見直すと身体の動きも変わってくるかもしれません。

 

 
あなたがある動作を行うときに「自然」だと感じているものが、客観的に見て理想的な動きであるとは限りません。クセや筋力バランス、可動域などが異なるからです。

 

そういったものを修正していく際に意識しながらやることは大事ですが、時にはツールを使って行うとその意識の方向性がうまく身体に反映されているかを実感する助けになることもあります。

 

 

一見簡単そうに思える動作も、イメージ通りに体を操作できるかというと案外難しいことも。

こちらは骨盤の動きを制限しながら、体幹を動かす感覚を鋭くすることができるツールです。使い方や使用者の体力レベルによっては、強化を目指すことも出来ます。

 

 

私自身、「この動きは苦手だろうな」という予想はしていましたが、その予想をはるかに上回る出来なさっぷりに、自分自身も周囲で見ていた家族も笑いが生まれるほど(笑)

いやー難しい(笑)

 

  

 

でも、こうやって出来ることと出来ないことを認識できるというのがまず収穫。そして出来ないことは「のびしろ」なのです。出来ないことをどうやったら出来るに持っていけるかを考え行動に移す。そのひとつひとつの段階に成長のカギが隠れています。

身体を操作する能力が高まった時、あなたが普段行っているスポーツの動きだけでなく日常動作においても変化が出てくることでしょう。

 

 

誰にでも得意不得意はありますから、それをどうやって変化に導けるかを楽しみながら取り組みたいですね。

 

 

少し触れましたが、目的に合ったトレーニング方法などを知りたいという方はパーソナルトレーニングをお勧めします。まずはカウンセリングから可能ですのでお気軽にinfo@soushi-souai.comまでご連絡ください。

facebook
facebook

JRTA(日本ランニングトレーナー協会)ホームページ
http://www.runningtrainer.jp/